モロッコの世界遺産4-古都メクネス編-

アラブ文化発信

こんにちは!

新生活が始まった方は初めての週末です!

一週間を振り返ってよかった点と悪かった点を整理して、次週に活かせるといいですね。

さて、今回はモロッコの世界遺産紹介の第4弾!

フェスやマラケシュ同様、都市遺産で1996年に世界遺産登録がなされた「古都メクネス」です。

https://unsplash.com/photos/W_vJi77GYkg
Sponsored links

メクネスとは

メクネスの起源は古く、1061年にムラービト朝という王朝によって、軍事要塞として建設されました。

その後しばらく要塞としての役割が強かったのですが、モロッコの主要都市として発展し始めるのは17世紀に入ってからになります。

現在も続く王朝であるアラウィー朝のスルタン(王)であったムーレイ・イスマイルがメクネスを首都と定めたのです。

ムーレイ・イスマイルは、フェスやマラケシュの部族勢力との争いを避けるために首都をフェスからメクネスに移しました。

しかし、その期間は長く続かず、イスマイールの死後、フェスに都は戻ってしまいました。

よって、現在残っている遺産はこのイスマイールの在位期間に建てられたものが多く、モロッコ国内で「古都」として認識されています。

また、下の地図からも分かるように、メクネスはフェスから1時間程度と比較的近い位置関係にあります。

この歴史的経緯や地理から、フェスが京都だとすると、メクネスは奈良といった立ち位置の都市だと言えそうです。

Google Map

世界遺産としてのメクネス

今回も世界遺産委員会が評価した点を見ていきましょう。

UNESCOによれば、選考にいたった世界遺産登録の基準は(4)の1点です。

基準(iv):メクネスは、15mの城壁に囲まれている特徴的な都市である。また、メクネスはマグリブの要塞都市を例証する代表的な都市である。そして、それは17世紀に北アフリカを代表する都であった際に作られた都市・建築的な構成がイスラームとヨーロッパの計画概念や要素とうまく組み合わさっている顕著な例である。王によって都市計画がなされた歴史都市メクネスは同時に、マグリブの土造建築の特徴を示している。

UNESCO

現代において、世界遺産が1つの基準のみで登録されることは珍しいです。

その分、1つの基準であっても登録に余りある、都市建築が存在していると認定されたのでしょう。

また、世界遺産登録に際しては、旧市街の伝統的な建築だけでなく、ヨーロッパの都市計画の要素についても触れられている点も面白いですね!

フェスの世界遺産登録の際には、フランスの影響などについては触れられていません。

1990年代に入ってから、UNESCOが都市の歴史的経緯を総合的に踏まえて、遺産を評価するようになったことが伺えます。

メクネスの代表的な建築

次に、メクネス旧市街の代表的な建築を紹介していきます。

まず、メクネスの旅をスタートするのに外せないのが、このハディム広場です!

下の写真では分かりづらいですが、他のモロッコの都市同様、ヘナ屋、オレンジジュース屋台、カフェの客引き、猿使いなど様々な商売が展開しています。

ただ、マラケシュと比較して、ここの客引きはあまり激しくなく、観光しやすい感じです。

http://moroccotourismoffice.com/city/morocco-tourism-city-meknes.html

この広場から旧市街に入っていくと、他の街の旧市街同様の商店が立ち並んでいます。

さらに、そこから一歩街区を入ると、下の写真のように閑静な住宅地が広がっています。

マダム達が井戸端会議をしている様子をよく目撃します。

https://unsplash.com/photos/lS-feKo7PzI

旧市街の奥深くに進んでいくと、ブー・イナニア・マドラサにたどり着きます。

フェスやマラケシュのマドラサと比べると一回り小さいものになります。

その分、床のタイルがカラフルで、壁一面の装飾と合わせて、別世界に来たかのような感覚になります。

https://unsplash.com/photos/-rvMVeSZHZk

旧市街散策を終え、再び広場に戻ってくると目の前には、北アフリカで一番美しい門と呼ばれるマンスール門を見ることができます。

マラケシュやフェスにも門は多くありますが、装飾の緻密さはこの門がダントツだと思います!

残念ながら、写真がないので、ぜひ一度生で見てみてください!

旧市街の中には他にもムーレイ・イスマイル廟という絢爛豪華なムーレイ・イスマイルのお墓があります。

2018年の段階では、改修中で見学ができなかったので、現地で状況を確認しながら回ることが大切になってきます!

最後に

メクネスは世界遺産として有名ですが、同時にモロッコ国内の一大ワイン産地としても有名です。

また、フェスやマラケシュと比べて観光客数も少ないです。

メジャーな都市での観光に疲れた際にはリフレッシュできるので、休憩がてらメクネスに行ってみてもいいと思います!

・モロッコ観光局HP (http://moroccotourismoffice.com/city/morocco-tourism-city-meknes.html)

・Google Map

・UNESCO:古都メクネス (https://whc.unesco.org/en/list/793)

Comments

Copied title and URL