モロッコ料理ってどんな味?-ハリーラ編-

アラブ文化発信

みなさん、こんにちは!

まうずです。

最近の日本では春雨が少しずつ収まってきたと同時に、花粉が多く飛ぶようになってきましたね。

花粉症を抑えるには、やはり栄養バランスのいい食事と睡眠、運動が大事になってきます。

今回も前回に引き続き栄養満点のモロッコ料理、ハリーラをご紹介します!

Sponsored links

ハリーラとは ?

前回同様、ハリーラとは何か「モロッコを知るための65章」から引用したいと思います。

ハリーラはとろみをつけた具だくさんのスープである。

私市、佐藤(2008)

つまり、特に具材に指定があるわけではありません。

ただ、多くのモロッコで供されるハリーラはトマトをベースにしており、地中海沿岸の土地柄を感じられるスープになっています。

モロッコの食生活の中に浸透していて、モロッコにあるマクドナルドの店舗でもハリーラがメニューにあります。

また、消化吸収に優しいので、ラマダン(断食)明けの食事(フトゥール)の際に毎日のように食べられます。

モロッコの方々は、ハリーラを飲んで胃腸を整えてから、ラマダン明けの豪勢な食事を食べ始めるというわけなんですね!

ハリーラに使われる具材

材料は家庭やレストランによって違いますが、ヒヨコ豆、タマネギ、トマトが使われることが多いです。

また、セロリ、パセリ、コリアンダーといった香草や米、シャアリーヤ(短い極細パスタ)も入っていることが多いです。

また、伝統的なレストランでは鶏や牛骨から時間をかけて出汁を取り、スープを作ることも多いようです。

写真のようにモロッコでは、多くの種類のスパイスがスーパーや商店に並んでいるので、この中から各家庭やレストランで適当なものを選んでブレンドします。

このスパイスのチョイスで味が少しずつ違ってくるわけなんですね!

モロッコを訪れた際は、自分のベストハリーラはどこにあるか探してみるとより楽しくレストラン巡りを楽しめると思います。

食べ方

ハリーラは初めから小さな器に盛り付けられるわけではなく、大きな蓋つきの鍋から取り分けて食べられることが多いです。

食事を開始してすぐは、スプーンを使って飲んで、食事が進んでくるとパンをちぎって浸しながら食べます。

また、ラマダン中はナツメヤシ(デーツ)やシュバキアというお菓子と一緒に食べるので、これらを付けて食べることで「しょっぱ甘い味」を楽しむ人もいます。

最後に

今回はモロッコにおける日本の味噌汁的存在であるハリーラをご紹介しました。

ハリーラもモロッコ料理レストランには必ずと言っていいほど、メニューにあるので、ぜひモロッコを訪れた際には試してみてください!

私市正年、佐藤健太郎編著『モロッコを知るための65章』明石書店、2008年

Comments

Copied title and URL