Arimun – 9

Araimun
Sponsored links

名詞、限定について

前回の続きから。

前回はالをつけると名詞が限定されることを学んだ。

限定というのは、英語で言うtheと同じような意味だ。

前回出てきたالطّاوِلَを例に今回は限定された名詞の発音について書いていく。

発音

まずは結論。

الطّاوِلَは「あったーうぃら」のように読む。

「あるたーうぃら」ではないので注意。

どうしてالطّاوِلَはあったーうぃらなのかというと、ルールに沿って発音されているから。

以下のルールを覚えておけば非限定の名詞を読むことは簡単だろう。らいむーんは慣れてないので読むのにとても時間がかかるけど。

ルール

الのあとが太陽文字だったらلは発音せず、اだけを発音する。

この際、「あっ」みたいな音になる。

太陽文字

太陽文字とは、…というのはここを参照するとわかりやすい。

アラビア語で太陽という名詞が、الがつく時に読み方の変わる単語の代表。

そして月が、読み方の変わらない代表。

とぅふぁーはتفاحة(りんご)が限定されるとالتفاحةとなり、「あっとぅふぁーは」となる。

なぜなら、الの後のبが太陽文字で読み方が変わるから。

一方で、はーでぃかحديق(公園)が限定されるとالحديقとなり、「あるはーでぃか」となる。

なぜなら、الの後のحが月文字でそのまま読めばいいから。

こんな感じで読んでいけば良い。

あとは練習あるのみ!

ちょっと練習しよう。

練習

السلام عليكم.

و عليكم السَّلام.

اَلْحَمْدُ لِلَه

答え

まず最初のالسلام عليكمは、「あっさらーむあれいくむ」と読む。

基本的な挨拶を表す言葉で、朝でも昼でも使える万能なもの。これは、سという文字が太陽文字なのでلは読まない。

次のو عليكم السَّلامは、「わあれいくむっさらーむ」と読む。

これは、السلام عليكم(あっさらーむあれいくむ)に対する返事の言葉である。これも同様にسが太陽文字なのでلを発音することはない。

まとめ

前回の記事と今回の記事で、限定についてはこれでバッチリ。きっと。

次回からは発音を少し意識できるようになってるといいな。

Comments

Copied title and URL